冬の阿武隈の山の魅力 蓬田岳 952M

場所 蓬田岳
エリア 東北
日程 2013/02/09 〜 2013/02/09

コースタイム

コース状況

積雪期になると、どうしても山行活動が鈍ってしまいます。
安達太良、磐梯、吾妻といった奥羽山系や、会津の山々に入るのには綿密な行動計画が必要となりますし、天候 などによっても山行が難しくなります。
その点阿武隈の山々は、奥羽山系の山々のように天候に影響されるということがあまりなく、標高こそ千メートル 前後と低いものの、十分雪山を楽しむことができます。
夏は藪っぽくなって敬遠しがちな阿武隈の山も、冬は藪もなくすっきりとし静かな山行が楽しめます。
とはいってもやはり冬の山。冬型の気圧配置になったときなどは標高は低いといっても、強風、風雪など厳しくなり ますから、きちんとした行動計画、装備、食糧、地図、コンパス等を持参し、余裕を持って行動することはもちろん、 無理だと思われたら直ちに下山することが大事です。
無理をして事故など起こし、家族や周りの人々に心配をかけるより、いさぎよく山を下りればまた登りに行かれます。 柔軟な心を持って登山を楽しみましょう。

平田村、郡山市、須賀川市の境界に位置する蓬田岳は、四つの登山口がありますが今回は郡山市田母神の糠塚登山口から登りました。天気はよかったのですが、風が強く雪もこの冬は多かったようでした。寒かったですが楽しい山行でした。

写真
印刷用画面を開く