2月 石裂山

場所 石裂山
エリア 関東
日程 2020/02/11 〜 2020/02/11
コースタイム

9:30加蘇山神社下の広場(登山口)→9:55竜ヶ滝→10:20中の宮→奥の宮→11:13主稜線→11:20東剣ノ峰→西剣ノ峰→11:54石裂山(12:15まで小休止)→12:27月山→13:23竜ヶ滝→13:46登山口

コース状況

杉の巨木の立つ加蘇山神社をスタートして沢沿いの道を進む。竜ヶ滝の先は月山との分岐となっており、左の石裂山方向に進む。千本桂を見て更に登ると中の宮跡に出る。ここから岩場となるが、鎖や梯子が整備されておりそれほど危険は感じない。奥の宮は登山道から外れて梯子を登った先の洞窟内に祀られていた。登山道に戻り、木の根の露出した痩せ尾根を登ると主稜線に出て北に進むと東剣ノ峰に着く。ここから梯子で急下降し西剣ノ峰に登り返す。西剣ノ峰の東側には展望台があり、高原山を望むことができた。西剣ノ峰からも梯子で下りて登り返すと石裂山頂に着く。山頂には既に2人の先客がいたが、我々3人と合わせて5人で丁度良いくらいの広さであった。北側の展望が開け日光連山の白い峰々が素晴らしかった。石裂山から10分ほどで月山に着く。月山の山頂は広く、鳥居や祠も安置されていた。石裂山同様に男体山、女峰山など北側の展望が良い。月山からの下山も急下降で鎖や梯子の設置された岩場が何度もあり飽きさせない。低山だが岩登りが楽しめるいい山だった。

写真
印刷用画面を開く