4月 角田山

場所 角田山
エリア 北陸
日程 2019/04/28 〜 2019/04/28
コースタイム

事務所07:00 ~ 09:35浦浜登山口09:55 ~ 11:40角田山12:25 ~ 14:10 角田岬14:35 ~ 16:30事務所

コース状況

浦浜登山口まで思わぬ時間がかかり、下山口の角田岬に車を回してもらっている間に少しでも時間を稼ごうと、残りのメンバーで登り始める。
登山口から149mの尾根に出るまではやや急な登りで、階段が整備されていた。149mの尾根に出ると新緑の樹林の道は緩やかになり、柔らかな土の感触が心地よかったが、所どころ急なところはやはり階段が整備されていた。
カタクリの花の山として有名だそうだが、既にカタクリの季節は終わっていて、ユキワリソウ、シズカゴゼン、スミレ、チゴユリなどの花々が目を楽しませてくれた。
 まもな車を回してくれた健脚の二人が追いつき、7人で芽吹く気持ちの良い尾根道をのんびりと登った。五ヶ峠分岐を過ぎると小屋があったが、使われている雰囲気ではなかった。
 山頂は平坦で無数のヤマザクラの木が花を咲かせていたが、既に見ごろは終わってしまっていた。広い芝生上の山頂には小屋もあり、登山コースが多く人気のある山らしく、子連れの人など大勢のハイカーで賑わっていた。
 下りは灯台コースを下りた。下り始めは樹林帯だったが、まもなく日本海の大海原と佐渡ヶ島、角田岬の灯台が目に飛び込んでくる下りとなり、その後はずーっとその景観を眺めながら下った。急な岩場や痩せ尾根、長い階段などもあったが登山道はよく整備されていて、危険箇所には鎖の柵があり安心して下れた。海岸線を走る道路を見下ろす急な斜面には、うす紫のダイコンソウの花の群落が彩を添えていた。
 今回のメンバーは全員角田山は初めてで、天気にも恵まれ、日本海と佐渡ヶ島を眺めながら山を下りるという参加者みんなが期待していたとおりの山行で、平成時代最後のハイキン例会を締めくくることができた。

写真
印刷用画面を開く