7月 郡山協 沢登り交流会 杉田川遡行

場所 安達太良山 杉田川遡行
エリア 東北
日程 2018/07/01 〜 2018/07/01
コースタイム

7:10遠藤ヶ滝遊歩道駐車場~遠藤ヶ滝不動尊~7:33遠藤ヶ滝~7:59入渓・遡行開始~8:52 5m滝~9:23 10m滝~10:00 2つ目の10m滝~10:59鉄梯子のある10m滝~11:10二岐の8m滝~12:04 8m滝~12:18遡行終了地点~藪漕ぎ~13:14仙女平~登山道~13:57藪漕ぎ~14:36遠藤ヶ滝遊歩道駐車場

コース状況

 天候は曇りだが蒸し暑く、歩き出すと汗ばむ。遠藤ヶ滝遊歩道は一部崩壊しており、補修中のようだ。壊れた橋の先から入渓する。
 気持ちの良い綺麗なナメが続く。沢に入ると涼しくて心地良い。5m滝、10m滝、2つ目の10m滝とロープを出しての通過となったが、沢登り初心者のメンバーも問題なく登って行く。鉄梯子のある10m滝はぐらつく梯子を慎重に使って通過した。その後、獣臭がするため、熊ではないかと思われたが、臭いの元はカモシカの死骸であった。また、傍らには熊の糞と思われる物体もあった。
 二股の8m滝の前で記念写真を撮り、少し水を被るシャワークライミングで越える。人面岩?(猿かETか)を通過し、小さい滝をいくつか越える。
 最後の8m滝を助川さんは一人左側を選択して無事越える。他のメンバーは左よりは易しそうに見えた右を登るが、意外に難しく苦戦する者も。私は落ちて泳ぐこと2回の末、ようやく越えた。昨年も同じルートを登ったはずが落ちた記憶はなく、それほど難しい印象はなかったのだが、今回は難しかった。
 小休止の後、30分ほどの藪漕ぎで仙女平に出た。ここからは登山道を下り、途中から藪を沢に下りて行き、スタート地点の駐車場に下山。アットホームおおたまの日帰り入浴で汗を流し帰路に着いた。

写真
印刷用画面を開く