熟年スローハイキング 低山賛歌(2017.2.11)

場所 筑波山
エリア 関東
日程 2017/02/11 〜 2017/02/11
コースタイム

09:35 つつじヶ丘登山口 ~ 10:50 女体山 ~ 11:40 男体山 ~ 13:00 つつじヶ丘登山口

コース状況

天気は快晴、風もなく穏かで絶好の登山日和。歩き始めから階段で足にくる。数日前に関東に降った大雪のせいか、登るにしたがって残雪、凍ったところなどでてくる。女体山までは奇岩が目立ち名前が付けられていた。女体山から御事ヶ原、男体山までは平坦地を除き残雪が凍り、滑りやすいところがあった。
天気が良かったせいで、富士山、南アルプスの一部、日光、那須、阿武隈の山々が遠望できた。
下りは、女体山からの凍ったところでスリップ、転倒などの心配があったのでロープウェイで下ることに。ゴンドラからは遠くスカイツリーや都心の高層ビル群が望めた。

筑波山麓合唱団

今回は総勢11名という大所帯で、小学校の遠足のようだ。筑波山は、筑波石という庭園界の中では有名な庭石が産出されるということでも知られているのだが、さすが登山道を登っていくと、あちらこちらにそれぞれ名を冠した筑波石スポットがある。
「弁慶の七戻り」などは、さすがの弁慶も後ずさったという程、巨石が他の石にひっかかって不思議に落ちそうで落ちない。という所なのだが、そこの真下を通過しなければならないという冷や汗もののスポットもある。
女体山の山頂まで、関東平野を見下ろしながら、そんな巨石、巨岩、奇石を見ながら登ると退屈しない。
御事ヶ原の広場はさすが筑波山。お祭りのようだ。ケーブルカーで簡単に登れるので一般の観光客もたくさんいる。お土産屋も軒をつらね、別世界に来たようだ。
そんなことを思いながらも、前日降った雪が少し残っていたので、下りはちょっとコワイ、コワイと誰となく言い出し、そのうち、皆ソウダ、ソウダと同調し結局下りは全員ロープウェイを利用し、あっという間に登山口に戻ってしまった。
まさに息の合った筑波山麓合唱団のようだった。    R・K

写真
印刷用画面を開く